ここから本文です。

白隠のみち整備事業

2020年4月1日更新

目的

白隠禅師に由来する地域資源を活用し、趣きのある道路空間と安全・安心で快適に暮らせるまちづくりの創出を目的として、白隠の里づくりを進めてまいりました。事業の実施によって、白隠みちやなかみち等がブロック舗装の施工により景観まちづくりが推進されたこと、狭あいな道路が改善され緊急車両が通行できるようになったことが挙げられます。

概要

事業期間:平成20年度~令和元年度
整備面積:A=9.5ha
道路整備延長:L=1,320m(間口延長:L=2,640m)
  道路中心から2m以上の間口延長:L=1,410m
  セットバック率:53.4%
情報板設置:N=16基
防犯灯改良:N=25基

これまでの経緯

平成13年
東海道400年祭を契機にまちづくりへの機運が高まる。
平成17年8月
「白隠のみち整備協議会」設立
平成19年7月
「白隠のみち整備基本構想」を市長へ提案
平成19年
国土交通省まちづくり交付金事業(現都市再生整備計画事業)を活用して事業化
平成21年1月
道路整備に着手
平成29年11月
白隠禅師誕生地に「無量堂」が完成
平成30年9月
「原駅周辺まちなみづくりに向けて」を策定
平成31年4月
国登録記念物「帯笑園」が開園
令和2年3月
工事完了

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

都市計画部市街地整備課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4763
ファクス:055-932-5871
メールアドレス:koseki-juki@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る