ここから本文です。

芹沢光治良

2019年3月6日更新

芹沢光治良の写真

芹沢光治良(1896年~1993年)


作家。
明治29(1896)年、駿東郡楊原村(現・沼津市)我入道生まれ。
沼津中学校(現・沼津東高等学校)、第一高等学校(現・東京大学教養学部)、東京帝国大学(現・東京大学)経済学部卒。
農商務省(現・経済産業省、農林水産省)官吏を経て、フランスのパリ大学へ留学。
帰国後、昭和5(1916)年、留学中の体験を基に創作した短編小説「ブルジョア」が懸賞小説に一等当選し、執筆活動に入る。

「巴里に死す」、「一つの世界」(「サムライの末裔」)、「愛と知と悲しみと」、「人間の運命」などを発表、国内外で高い評価を受ける。
昭和40(1965)年、第5代日本ペンクラブ会長に就任。
 昭和44(1969)年、日本芸術院賞を受賞。
 昭和45(1970)年、日本芸術院会員となる。芹沢文学館(現・沼津市芹沢光治良記念館)開館。
 昭和55(1980)年、沼津市名誉市民。
 平成5(1993)年3月、東京都中野区東中野の自宅において老衰のため逝去。享年96。市営墓地内(沼津市中瀬町14‐1)に眠る。

〈わが住む土地を、次郎は初めて他処の土地のように眺める思いで、目を見張った。眼下にひろがったパノラマの中央に、足下の山麓から駿河湾へ、白く光って大きくS字形を描いているのが、あの狩野川であろうか。こんなにも川幅が広く、まんまんと水を張っているとは知らなかった。その右岸にかたまって見える静かな家々が、沼津の町であろうか。〉
 (「人間の運命」第一部第一巻父と子、昭和37(1962)年、新潮社)

芹沢光治良が「少年の日にしばしば独り立って、水平線を眺めて自ら慰めた」場所に建てられた風に鳴る碑。碑文・詳細は以下

風に鳴る碑

「幼かりし日 われ
父母にわかれ 貧しく
この浜辺に立ちて 海の音
風の声をききて はるかなる
とつくにを 想えり」


「人間の運命」第一部第四巻発行後の昭和38(1963)年春、市内我入道海岸に建設された最初の芹沢文学碑。


孤絶の碑といわれる文学碑。碑文・詳細は以下

孤絶の碑

「ふるさとや 孤絶のわれを いだきあぐ」

名誉市民となって間もない昭和57(1982)年、同じく我入道海岸に建てられた。

このほか同じく我入道に生誕碑が、沼津市民文化センター、香陵グラウンド、県立沼津東高等学校などにも文学碑がある。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会文化振興課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4812
ファクス:055-931-8977
メールアドレス:cul-sinkou@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る