音声で読み上げる

文字の大きさ

  • 小
  • 標準
  • 大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色
  • 沼津市トップ

City “Numazu” of fencing

プロジェクト

太田会長と沼津市長

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるフェンシング代表チームの事前合宿誘致活動をきっかけに、「スポーツを通じたまちづくり」を掲げる沼津市と、「フェンシング地方拠点構想」を持つ日本フェンシング協会とが互いに協力し、フェンシングを通じたまちづくりを推進するために、2019年2月、日本フェンシング協会と全国初の包括連携協定を締結しました。

このことを契機に沼津市は、将来的にフェンシングの世界大会やトップレベルの合宿が本市で恒常的に開催されるよう、トップ選手の育つ環境づくりや沼津のフェンシングを象徴する世界レベルの選手輩出、裾野の拡大などを日本協会と連携して進めていきます。

サーブル種目でオリンピックに2大会出場し、日本代表コーチやJOCエリートアカデミーコーチを歴任、アメリカでの指導者の海外研修を積んだ長良将司氏を日本フェンシング協会から本市職員に迎え入れ、これらの取り組みを強力に押し進めていきます。

長良将司氏

長良将司氏

大会戦績

<国内大会>

  •  全国高校総合体育大会個人フルーレ・サーブル優勝(1995)
  •  日本フェンシング選手権個人優勝
    (1996、1999、2003、2004、2005)

<国際大会>

  •  オリンピックシドニー大会 出場(2000)
  •  オリンピックアテネ大会 出場(2004)
  •  第15回アジア競技大会 団体銅メダル(2006)
指導歴等

<2006.4~2014.3>ナショナルチームコーチ

  •  2008年 北京オリンピック 女子サーブルコーチ
  •  2012年 ロンドンオリンピック 女子サーブルコーチ

<2014.8~2015.7>JOC指導者海外研修

  •  アメリカオレゴン州にて指導者プロ資格取得

<2015.7~2019.3>ナショナルチームコーチ

  •  2015年 ジュニア世界選手権 男女サーブルコーチ
  •  2017年 アジアジュニア選手権 男女サーブルコーチ
  • 裾野の拡大・競技レベルの底上げ
    競技人口の拡大を図るために未経験者を対象とした体験会の開催や、民間クラブ・部活動等に所属する選手を対象とした強化練習会を実施します。
    また、健康づくりや生きがいづくりなど、フェンシングを通じた生涯スポーツの推進に取り組んでいます。
  • トップ選手の育成・輩出
    世界レベルの選手(シンボルフェンサー=国際大会金メダリスト)を育成・輩出するために、才能豊かな選手を選抜して、少年期からトップ期まで一貫した指導を実施します。
    また、国際的に活躍できる選手を育成するため、英語教育にも力を入れていきます。
  • 環境づくり
    拠点都市づくりに不可欠な専用フェンシング場の確保や、トップを目指す選手が安心して競技に専念できるように、学校や企業等からの協力・支援体制を構築していきます。

沼津市とフェンシング

鈴木穂波選手

鈴木穂波選手

沼津市のフェンシングの歴史は古く、昭和32年の第12回国民体育大会フェンシング競技の会場が、沼津西高校に決まったことをきっかけとして、市内高校に部活動が作られました。昭和29年に沼津西高校、昭和30年に市立沼津高校、昭和31年には沼津東高校、昭和55年には沼津学園高校(現:飛龍高校)にも部活が作られており、古くからフェンシングを行う土壌があります。
現在でも、沼津西高校、沼津東高校ではフェンシング部が活躍するほか、小学生大会や普及イベントの開催など、フェンシングに関する取組が盛んに行われています。
沼津市出身の注目選手として、燦々ぬまづ大使を務めている沼津西高校出身の鈴木穂波選手がおり、東京オリンピック出場に向けて頑張っています。

TO TOP