ここから本文です。

教育相談

2018年4月1日更新

社会の仕組みがますます複雑化する今日、これまでの学校教育を単に充実するだけでは様々な社会の要請に対応できなくなってきており、学校教育の枠を越えた新しい施策が必要となってきています。
教育相談は、こうした新しい時代の要請に応えるため整備拡充されたもので、学枚教育と家庭教育、また、地域社会の教育活動との連携を深めながら相談活動の充実を図り、様々な課題を抱えた子どもたちの健全な育成に努めています。

1 相談業務

青少年の健やかな心身の発達を援助するため、青少年や保護者に対する教育相談を実施しています。また、必要に応じて教員からの相談にも対応しています。相談内容は、非行、不登校、発達・子育て、進路・適性及び対人関係などがあります。

  • 面接相談
    カウンセリング、心理療法、遊戯療法などを通して相談者自らが進むべき方向を見い出していくことを援助しています。また、必要に応じて家庭・学校・諸関係機関などと連携し、問題の早期解決を図っています。
  • 電話相談
    「やまびこ電話」の愛称で呼ばれる電話相談は、電話を通して訴えられる青少年に関する様々な問題や悩みについて、電話相談員が共に考えながら解決のための援助を行っています。
  • 地域相談
    教育経験豊かな方々(退職校長等)を「青少年健全育成地域相談員」として各地区に配置し、地域が行う健全育成活動に対して助言・援助をするとともに、地域の青少年や保護者等の相談に応じています。

2 相談指導学級

当センターでの面接相談を受けている不登校児童生徒の内、通級することが適当と判断された者を対象とし、小集団の活動を通して、学校復帰・社会復帰を支援しています。

3 広報・啓発等

パンフレットを作成し、面接相談、電話相談及び地域相談のPRに努めています。

このページに関するお問い合わせ先

青少年教育センター

〒410-0881 静岡県沼津市八幡町97
電話:055-951-3440
ファクス:055-952-3300
メールアドレス:seisyonen@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る