ここから本文です。

展示のご案内

2023年1月20日更新

2階市民ギャラリー『孔版画作品展』が開催されます

孔版画

開催概要

2階市民ギャラリーにおいて、沼津市在住の孔版画作家 野村智氏による孔版画作品と所蔵するコレクションの展示が開催されます。

日時
令和5年2月7日(火曜日)~2月26日(日曜日) 9時~16時30分(入館は16時まで)
場所
沼津市芹沢光治良記念館2階 市民ギャラリー
休館日
毎週月曜日、2月24日(金曜日)
入館料
高校生以上100円 小人50円(市内の小中学生は無料)
※2月23日(木曜日)富士山の日は入館料無料です
  • ※新型コロナウイルス感染防止の為、ご来館の際はうがい、手洗いの励行やマスクの着用等、感染防止にご協力くださいますようお願いします。

2階市民ギャラリー「井口貴夫展This side/the other side こちら側/向こう側」が開催されます

「芹沢光治良作品の朗読と音楽を聴く会」ちらし画像

開催概要

2階市民ギャラリーにおいて、沼津市出身のアーティスト・画家の井口貴夫氏によるアート作品の展示が開催されます。
記念館の2階空間を活用した、平面と立体作品の展示です。
コンクール等で賞を受賞し、静岡県内だけでなく、横浜、東京など幅広く活動されている井口氏の作品をぜひご覧ください。

日時
令和5年1月11日(水曜日)~1月29日(日曜日) 9時~16時30分(入館は16時まで)
場所
沼津市芹沢光治良記念館2階 市民ギャラリー
入館料
高校生以上100円 小人50円(市内の小中学生は無料)
  • ※新型コロナウイルス感染防止の為、ご来館の際はうがい、手洗いの励行やマスクの着用等、感染防止にご協力くださいますようお願いします。

企画展「光治良の欧州体験」(第2回)を開催します

  • 昭和3年(1928年)パリでの芹沢光治良と家族

    昭和3年(1928年)パリにて家族で

  • 『離愁』の表紙画像

    『離愁』(初刊:昭和20年)

開催概要

沼津市で生まれ育った作家・芹沢光治良(せりざわこうじろう)のフランス留学時期(大正14~昭和3年)を特集した企画展全2回のうち、後期となる第2回展示を開催します。

第2回展示の見どころ

芹沢光治良が作家となる決意をしたフランス・スイスでの結核闘病生活から帰国までと、その時期を基に創作した『離愁』(初刊・昭和20年)の物語を、関連する初公開資料などを通して紹介します。
また、後年にフランス語訳された『巴里に死す』の紹介と、その海外での反響についても取り上げます。

主な展示資料

  • 留学時期に交流した社会学者・下出準吉(しもいでじゅんきち)へ宛てた光治良の直筆書簡・葉書 4点(初公開)
  • 画家・佐伯祐三(さえきゆうぞう)、フランス文化研究者・椎名其二(しいなそのじ)などとの交流を示した直筆絵葉書類 約20点
  • このほか、留学当時の写真、集めた書籍や鑑賞した演劇・音楽プログラム原本などの資料を含めた総合計約100点を展示します。
期間
令和4年12月15日(木曜日)~令和5年5月31日(水曜日) 9時~16時30分(入館は16時まで)
※展示替え臨時休館 令和4年12月1日(木曜日)~令和4年12月14日(水曜日)
場所
沼津市芹沢光治良記念館 1階展示室
休館日
毎週月曜日(祝日を除く)、休日の翌日(土日祝日除く)、年末年始 (12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日))
入館料
高校生以上100円 小人50円(市内の小中学校に通う児童・生徒は無料)
  • ※新型コロナウイルス感染防止の為、ご来館の際はうがい、手洗いの励行やマスクの着用等、感染防止にご協力くださいますようお願いします。

その他の詳細は下記もあわせてご覧ください。

過去の展示

これまでの展示内容は下記のリンク先をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get Acrobat Reader

このページに関するお問い合わせ先

沼津市芹沢光治良記念館

〒410-0823 沼津市我入道蔓陀ヶ原517-1
電話:055-932-0255
メールアドレス:kojiro@city.numazu.lg.jp

Copyright © Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る