ここから本文です。

戸籍

2017年4月1日更新

戸籍は、個人の身分関係を明らかにする大切な公簿です。
赤ちゃんが生まれたとき、結婚したときなど、人生の様々な変動を記録しますので、届け出は決められた日までに正確に済ませましょう。

  • ※戸籍や住民票等の交付の際には、「本人確認」を行います。

戸籍の全部事項証明(謄本)・個人事項証明(抄本)が必要なとき

沼津市に本籍のある人は、市役所市民課はもとより、市内11ヶ所の市民窓口事務所でも交付申請の手続きが出来ます。原則として直系血族以外の戸籍の全部事項証明(謄本)・個人事項証明(抄本)が必要な場合は、請求資格等が必要ですので、事前にお問い合わせください。なお戸籍の閲覧は本人、他人を問わず出来ません。

  • ※虚偽の申請を防ぐため、申請の際に窓口へ来た方の本人確認書類の提示をお願いしています。
  • ※戸籍の全部事項証明(謄本)は、その戸籍に記録されている事項の全部を証明したもので、個人事項証明(抄本)は戸籍中の一部の者について記録されている事項を証明したものです。以下に戸籍に関する届け出の内、代表的なものを挙げましたが、これ以外にも転籍届、入籍届、認知届、養子縁組届、離婚届などがあります。手続きの複雑なものもありますので、事前にお問い合わせ下さい。
戸籍に関する各種届け出について
種別 いつまでに どこへ 届出に必要なもの
出生届 生まれた日から14日以内(生まれた日を含む) 父・母の本籍地
または
届出人の所在地
または
出生地
  • 出生届(出生証明書)
  • 母子健康手帳
  • 印鑑(届出人である父、又は母のもの)
  • 社会保険証
  • 銀行の振込先がわかるもの
死亡届 死亡したことを知った日から7日以内 死亡者の本籍地
または
届出人の所在地
または
死亡地
  • 死亡届(死亡診断書)
  • 印鑑(届出人のもの)
婚姻届 届け出た日から効力が発生します 夫または妻の本籍地
または
夫または妻の所在地
  • 双方の印鑑(一方は旧姓のもの)
  • 市内に本籍が無い人は戸籍謄本1通
  • 国民健康保険の保険証(加入者のみ)
  • ※未成年者は父母の同意が必要
  • ※婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届等は虚偽の届出を防ぐため、届出の際に、届出書を持参した人の身分証明書(運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真つきのもの)の提示をお願いしています。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部市民課

〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16-1
電話:055-934-4722
ファクス:055-934-1672
メールアドレス:koseki-juki@city.numazu.lg.jp

Copyright ® Numazu City. All rights reserved.

上へ戻る